私に関するデマも流され、辟易しています

議会と選挙]2018年3月18日(日)

石津けんじ候補を応援する私に対してもいくつかのデマが流されており、辟易しています。

 

その一つとして、対立候補者の周辺が作成したと思われるFacebookページ(追記:選挙期間の終盤頃に削除されたようです)では、今回の戸田市長選挙において私が石津けんじ候補を応援する理由を、「来年の県議選に向けて名前を売るため」と揶揄しています。(市民の間にも同じデマが流されています)

 

私には、来年の県議選への出馬を持ち掛けられた事実はなく、また来年の県議選に出馬する意図もありません。


私自身のためではなく、戸田市のためには石津けんじ候補がリーダーとして選ばれるべきだと考え、応援しているまでです。

 

正々堂々と政策論争をしてください。


(当該記事へリアクションをした方の氏名にはボカシを入れています)

 

 

◇Facebookの元記事はこちら


戸田市長選挙において、私は石津賢治氏を応援します。

議会と選挙]2018年3月17日(土)

明日、戸田市長選挙が告示されます。

 

私は、石津賢治氏を応援します。

 

信念を持って戸田市のための政策を語ることのできる人物こそが、リーダーに相応しいと考えるからです。

 

市長選挙は、これからの私達の暮らしを左右する大変重要な選挙です。
かつて戸田市の政治に携わった者として、私の態度をこちらに表明させていただきます。

 

石津けんじ(前 戸田市副市長)

 

 

◇Facebookの元記事はこちら


大まかな議会の流れを図にしてみました

議会と選挙]2017年2月28日(火)

現在開かれている3月議会について記事にしていこうと思ったのですが、3月議会は内容がテンコ盛りの議会なので、いきなり「総括質問」や「議案質疑」と言っても分かりづらいかと思い、大まかな議会の流れを図にしてみました

 

この図の作成に2時間以上掛かったので、今日はこれまで

 

明日あさってくらいから、今回の3月議会に関する投稿を行います。

 

それまでに、この図をちゃんと復習しておいてください(笑)

 

 

◇Facebookの元記事はこちら


ようやくリセットできた気がしました

選挙, 議会と選挙]2017年2月26日(日)

しばらく更新が滞ってしまいました。

 

この間、選挙の後片付けをしながら、市内外の方々に慰安会を開いてもらい、また、市民の方から頂いたご相談等に対応させていただきながら、他の時間は、本を読んで学び、うたた寝をし、時間が過ぎていきました。

 

この週末、茨城県の日立市に帰省しました。
実家でゆっくり過ごし、地元の友人たちと時間を共有し、最後に、子供の頃いつも遊んでいた河原子海岸に立ち寄って、懐かしい眺めと匂いを確かめたとき、ようやくリセットできた気がしました。

 

選挙は民主政治における「評価」であるわけですが、落選してみると、私の考え方や人間そのものが否定されたように感じることもありました。そのためか、思っていたよりも立ち直るのに時間が必要だったようです。

 

戸田市に戻ってみると、いままで以上に戸田市への愛着を感じる自分がいました。

 

明日から、週2~3回程度になると思いますが、こちらでの投稿を再び行っていこうと思います。よろしくお願いします。

 

 

◇Facebookの元記事はこちら


戸田市議会議員の任期が満了となりました

選挙, 議会と選挙]2017年2月5日(日)

2月5日(日)に、戸田市議会議員の任期が満了となりました。

 

この4年間、私の活動をお支えいただいたみなさんに、心より感謝を申しあげます。

 

また、落選してから今日までの一週間、市内外の多くの方々から、お電話やメール、メッセンジャー、コメント、直接のお声掛けなど、さまざまな形で激励を頂きました。
議員の肩書きは無くなっても、「人とのつながり」は途切れていなかったことに安堵し、支えられ、一人の市民として戸田市とともに生きていこうと思い直すことができました。

 

みなさん、本当にありがとうございました。

 

なお、今後の仕事については全くの白紙です。これから、ゆっくり考えていこうと思います。

 

そして、こちらの公式ブログですが、この間ご報告できていなかったこと(教育関係の視察報告等)や、今回の落選についての振り返りに加えて、今後も、市政や議会の情報共有を可能な範囲で行っていきたいと思います。

 

「落選したらただの人」といいますが、せっかく4年間の貴重な経験をさせていただいたので、戸田市のみなさんに《政治はくらしにつながる身近なもの》と感じていただくための一助として、ときには戸田市のことを一緒に考えていける存在として、みなさんのお役に立つことができればと考えています^^

 

 

◇Facebookの元記事はこちら