「新田ふれあい噴水公園」に遊びに行きました

子育て, まちづくり]2017年12月9日(土)

つい先日完成した「新田ふれあい噴水公園」に家族で遊びに行きました。(場所は新曽の消防本部の裏手付近です)

 

地域の旧住民だけでなく新住民や子供たちをも交えたワークショップで作られた、とても素敵な公園です。

 

公園と道路との境界が低いために開放的な雰囲気があり、また死角がなく防犯上安全でもあります。
公園の至る所にベンチがあり、高齢者の方でもゆっくりくつろぐことができます。
唯一の大型遊具は木製です。大人の私でも飽きずに遊んでいられるのは、木の持つ魅力ゆえだと思います。
花壇の花は、今後ボランティアの方々が手入れをしてくださるとのことです。
看板には、「ボール遊び禁止」等の文言ではなく「ボールで遊ぶとまわりの子があぶないよ」などと子供目線での言葉が書かれており、丸太には、ワークショップに参加された方々の「子供たちへの想い」が刻まれています。
そして夏場(5月~9月)には、公園中央が噴水エリアになります。

 

私家族が公園の道路側にあるベンチで(近くのコンビニで買った)お昼ご飯を食べていたときには、公園を歩いて通り過ぎていたおばあちゃんが話し掛けてくれました。また、お孫さんを連れて公園に遊びに来ていたご夫婦とも気軽に会話をすることができました。
(木製遊具で遊んでいたときには、おませな小学生の女の子から「ロープを使って降りないとあんたのカッコいい顔がズタズタになるよ」と冷たい口調で注意されて、私は「すいません」としか返せませんでした笑)
公園の名前の通り、多世代間の「ふれあい」が自然と生まれる空間でした。

 

 

このような素敵な公園ができたのは、さまざまな世代や属性の地域住民の方々がワークショップで真剣に話し合ってくださったからだと思います。

 

この「より良いものができる」ことが、行政主体ではなく市民との協働で事業を進めることの大きなメリットなのですが、そこにはもう一つの意義があると思います。

 

この公園を利用されたお母さん方のなかには「公園内にトイレが欲しかった」「小さい子が遊べる遊具じゃない」などのご意見もあると耳にしましたが、公園づくりワークショップではそのようなことももちろん話し合われましたし、当時のワークショップのニュースレターにもそれらの内容が掲載されています。(ちなみに、小さい子供でも親が一緒に遊んであげれば十分楽しんでくれます)

 

これが行政主体で作られた公園であったならば、それらのお母さん方の不満の矛先は「行政」に向かうはずですが、市民協働で作られた公園であれば、矛先は「ワークショップに参加もしくは意見提出をしなかった自分自身」に向かうことになります。
市民と行政との間に不要な溝ができることもありませんし、もし今回の件がきっかけとなって、それらの方々の市政へのアンテナが少しでも高くなるのであれば、市民協働は今後いっそう促されます。

 

「公園づくりワークショップに新住民も参加させてはどうか」と当時の議会で提案したのは私なのですが、その背景には、先程のようにお母さん方が「公園への不満」を口にするのを見る機会が多かったことがあります。
昨年には、私の所属した委員会として「地域に親しまれる公園づくりに向けての提言書」を作成・提出しました。

 

私が1月の選挙で落選したことによって、議員として力を入れていた事業が停滞してしまうことを心配することがあるのですが、今年の10月に、彩湖・道満グリーンパークの新規遊具について投票アンケートが実施されたのを見たときには、安堵するとともにとても嬉しかったのを覚えています。

 

とりあえずいまは、夏の噴水シーズンがめっちゃ楽しみです(^^)

 

 

 

◇Facebookの元記事はこちら


「真木レポート第14号(これからの政策)」を発行しました

選挙, 教育, 子育て, 交通と自転車, まちづくり, 行財政改革, 議会と選挙]2017年1月10日(火)

任期中最後のレポートとなる「真木レポート第14号(これからの政策)」を発行しました。

 

私が戸田市において今後進めていきたい政策を、コンパクトにまとめています。

 

4年前に「教育」「子育て」「行財政」「安全・安心」の政策を掲げ、当選後はそれらの政策を中心とした提言を行い、多くの実績を残すことができました。(※真木レポート第13号参照

 

今回は、これまでの活動のなかで見えた戸田市の課題を解決することを目指し、「こども」「子育て」「行財政」「交通まちづくり」の4つの政策を掲げています。

 

 

高齢者福祉などの政策ももちろん重要ではありますが、26名いる市議会議員のうち子育て世代の議員として力を注ぐべきもの、少子高齢化の時代にあって戸田市を持続可能なまちにしていくために必要なものは、これら“未来に向けた”政策だと考えます。

 

万人に支持される政策でないことは重々承知しており、ある種の“賭け”でもありますが、私にとっての最優先は、議員を続けることではなく戸田のためであることです。
市民のみなさんのご理解が頂けることを願っています。

 

 

真木レポート第14号 ~これからの政策~(真木大輔公式サイト)

 

真木レポート第13号 ~1年間の政策提言と実績のまとめ~(真木大輔公式サイト)

 

 

◇Facebookの元記事はこちら


公共施設だからこその包容力 ~冬休みとだっ子ひろば~

子育て, まちづくり]2017年1月7日(土)

福祉センターの空き部屋を活用して子供たちの居場所とする「冬休みとだっ子ひろば」が5日間開催され、私も毎回1~2時間ほど見学させていただきました。

 

友達と遊びに来てボランティアの方と一緒にボードゲーム等を楽しむ子、5日間とも一日中自習をしに来た子、会議室の広いスペースで書初めをしにきた子、日本に移住したばかりで書初めを教わりに来た子、一緒に来て子供に勉強をさせている親子、両親が働いていて家にいない子など、いろいろな子供たちが集まりました。

 

また、たくさんのボランティアの方々に支えられてるということも実感しました。
みなさん、子供たちのために無償で協力してくださり、楽しそうに子供たちの遊び相手や話し相手になられていました。
毎回来る子が多かった理由は、そこにもあるのではないかと思います。

 

公共施設だからこそ、多くの世代や多くの属性の市民を受け入れる包容力を備えているはずです。
この「とだっ子ひろば」が、今後も継続的に実施されることを願ってやみません。

 

福祉センターでの居場所づくり事業が動き出します ~冬休みとだっ子ひろば~(真木大輔公式ブログ)

 

 

◇Facebookの元記事はこちら


「公共施設の場所をどこにするか」も大事 ~戸田市公共施設再編計画骨子案~

まちづくり, 行財政改革]2016年12月21日(水)

戸田市の公共施設の行く末を決めるとても重要な計画に関するパブリック・コメントが、今月15日から開始しています。

 

正式名称は、「戸田市公共施設等総合管理計画及び公共施設再編プラン(骨子案)」です。

 

戸田市のハコモノやインフラをこのまま無計画に維持管理していくと、30年間で350億円以上もの財源が不足することが見込まれており、これからは、ハコモノやインフラの更新・長寿命化・統廃合などを、長期的視点に立ち計画的に実施していくことで、財政負担の軽減や平準化を図る必要があります。
本計画案では、そのための全体方針やハコモノ毎の再編プランを定めています。

 

以下に掲載した画像は、戸田市民のみなさんにとって最も関心が高いと思われる、ハコモノ毎の再編プランの一覧です。

 

 

この一覧には、各小中学校の建替え時期、福祉センターや図書館本館への指定管理導入を検討している時期、公立保育園の民間運営への移行時期、保養所である白田の湯の廃止検討時期、市営住宅の廃止検討時期、等々が示されています。

 

この個別プランに対して異議を持たれる方もいらっしゃると思いますので、その場合は、全体方針をきちんとお読みになったうえで、パブリック・コメントにご意見をお寄せいただければと思います。

 

私からは、この個別プランではなく、公共施設再編全体の「基本方針」に関して、少し考えを述べさせていただきます。

 

実は、この計画については、議員全員に対する事前説明が本年9月に行われました。

 

その際に示された計画案には、公共施設再編の「基本方針」が8つ掲げられており、その中に「土地の利活用」という項目がありました。
具体的には、「土地の利活用:施設廃止後に更地となった跡地の有効活用及び未利用地としての民間売却を検討する」というものです。

 

この項目に対して私は、「土地の有効活用として、更地となった跡地に別の公共施設を建てるということになるのであれば、それは戸田市がこれから進めようとしているコンパクトシティ化に反することになる。公共施設は、空いた土地ではなく、駅前などの交通の便の良い場所や地域の中心地などの“良い場所”に配置するという理念を持つべき」という主旨の発言をしました。

 

この意見は、後日、私が委員を務めている戸田市土地計画審議会のなかで「コンパクトシティ化計画(立地適正化計画)」を審議した際にも述べました。(※会議録p.3参照

 

結果として、今回パブリック・コメントに出された骨子版の「基本方針」からは、「土地の利活用」という項目が削除され、代わりに、「未利用地や低利用地などの民間売却」を趣旨とする文言となって他の項目のなかに加えられました。

 

コンパクトシティ化計画(立地適正化計画)自体の策定は3年先となるため、今回の公共施設再編計画がそれとの完全な整合を図れないのは致し方ないものの、やはり、「どのような公共施設にするか」と同じくらい「公共施設の場所をどこにするか」は大事です。

 

これからは、ハコモノ担当、都市計画担当、交通担当などのそれぞれの課がしっかりと連携し、一体的にまちづくりを進めていくことが必要です。
受益者である市民にとって、それらの区分けはありません。

 

戸田市公共施設等総合管理計画及び公共施設再編プラン[骨子案]パブリック・コメント(戸田市公式サイト)

 

都市計画審議会の開催状況 平成28年度(戸田市公式サイト)

 

 

◇Facebookの元記事はこちら


福祉センターでの居場所づくり事業が動き出します ~冬休みとだっ子ひろば~

子育て, まちづくり]2016年12月20日(火)

いよいよ、福祉センターでの居場所づくり事業が動き出しました。

 

この冬休みに、新曽福祉センターと東部福祉センターにおいて「冬休みとだっ子ひろば」が開催されます。

 

冬休み期間中5日間の10時から19時まで、小中学生の居場所として、新曽福祉センターでは主に「自習室」と「自由スペース」が提供され、東部福祉センターでは主に「自習タイム」と「学習イベント」が開催されます。

 

 

企画と運営は、戸田市民によって構成される「福祉まちづくり市民会議」のなかの「子どもから高齢者までの居場所づくり」チームの方々(19名)が、新曽班と東部班に分かれて行ってくださっているとのことです。

 

子供や子育て世代にとって立ち寄りづらい福祉センターを多世代に開放することに関し、地域の多くのお母さん方からのご要望を受けて市へ提言し続けてきた私にとって、この事業開始は本当に感慨深いです。

 

また、福祉センターの部屋を朝から夜まで使用すること(しかも茶道室まで!)、付き添いの保護者も見守り要員として受け入れること、保護者同伴であれば未就学児の参加も可能であること、書初め教室など他団体の協力を得ていることなど、これまでの居場所事業には無かった大胆さや柔軟性があるのは、やはりこの事業が行政主体ではなく市民主体で企画・運営されているからこそだと思います。

 

今後は、ボランティアやスタッフを広く集め、「現代版寺子屋」として毎日の開催を目標とされているようですので、大学生ボランティアの活用や、既存の「青少年の居場所」との連携を期待するとともに、可能であれば、私も勉強の見守りなどでご協力できればと考えています。

 

「公共施設」と「市民力」という戸田市の持つ資源が活かされた素晴らしい事業だと思います。今後の発展に大いに期待します。

 

※最後に補足ですが、この事業とは別に、「福祉センターへの乳幼児スペースの常設」「遊び場としての放課後や夏休みの体育館開放」については、今後も引き続き求めていきます。

 

冬休みとだっ子ひろばを開催します(戸田市公式サイト)

 

福祉まちづくり市民会議(戸田市公式サイト)

 

 

◇Facebookの元記事はこちら